Sample Image

ブリザードフラワーとドライフラワーの違い

「ブリザードフラワーとドライフラワーの違い」

母の日のプレゼントといえば、お花を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
お花といえば、お花屋さんに行って生花を買うというのが真っ先に思い浮かびます。
しかし、お花のプレゼントには、他にもいろんな種類があります。

中でもよく耳にするのが、ドライフラワーとプリザードフラワーです。
あまり普段花に接する機会が少ない人は、違いは何と聞かれたらはっきりと答えられる人は少ないと思います。
お花なら、後でこっちがよかったーなんて言われないように、違いを知った上で購入しましょう。
プレゼントされる母親の性格や趣味によって、選び方も変わってくるのがお花のプレゼントです。
これを機に知っておくといいでしょう。

あまりお花を知らない人でも、聞いたことがあってなじみがあるのは、ドライフラワーではないでしょうか?
ドライフラワーとは、草花を乾燥させて作ったものです。
生花などをプレゼントされて、一日でも長くお花を楽しみたいと思う人が行う保存方法です。

花をさかさまにして吊るしておき、風通しのいい場所に置いておきます。
そうすると自然とドライフラワーができます。
中には、ドライフラワーにするための乾燥剤を使う人もいます。
花の色は生花に比べて劣化してしまい、花のしなやかさはなくなってしまいます。
しかし生花に比べては、長く花を楽しむことができます。
同じ花でも二度違った風に楽しめるのも、ドライフラワーの魅力の一つだといえます。

今お花のプレゼントでも主流になりつつあるのが、プリザードフラワーです。
プリザードフラワーとは、専門の液体につけることで、生花に近い状態の色合いやしなやかな感触をそのまま保つことができます。
結婚式のブーケを思い出に残していきたいということから、一般的に広まりました。
今では、手のひらサイズのお花などでもプリザードフラワーが可能になっています。

何よりもお水をあげる必要がないので、お手入れをしなくても常に美しい状態を保つことができます。
2年から3年は、生花と同じようなお花の状態を楽しめます。
ほこり、湿度、温度などに気をつけて保存しておけば、10年間もお花を楽しむことができます。
さらに管理しやすくするのであれば、ガラスのケースに入れて保存することができます。
ほこりをしっかり防ぐことができるので、それだけでもお手入れがしやすくなりますよね。

お花の好みもあるので、お好きな方をプレゼントしましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 母の日っていつ? All Rights Reserved.