Sample Image

当日会えない?それならブリザードフラワーを

「当日会えない?それならブリザードフラワーを」

母の日のプレゼントは、毎年何にしようか迷ってしまいますよね。
一年に一度の日だからこそ、一年の感謝の気持ちを伝えつために何か渡したいと思う人が多いのではないでしょうか。
特に男性は、普段プレゼントを渡すことが少ないので、何を選んだらいいのかわからなくなりますよね。
だからこそ、迷った時にはお花を渡す人も多いです。

しかし、お花といえば生ものですし、当日買うと思っていませんか?
プレゼントを当日になって、準備するのも慌ただしいし、用意したものの会えない?なんてこともあるかもしれません。
さらに結婚したら、両家の母親にプレゼントをしなければいけません。
お互いの両親が近くにいれば、当日に渡すこともできますが、遠方となれば当日渡すのが難しくなります。
中には、母の日だからと旅行に行く人もいたら、当日渡したくても渡せない人もいますよね。

そんな人にお薦めなのが、プリザードフラワーです。
プリザードフラワーとは、美しく咲いた花をそのままの状態に保てるように専用の液体につけて加工された花で、忙しい人でも数日前や数カ月前から注文することができます。
さらに遠方に住んでいて当日会えなくても、注文しておけば一週間後でも渡すことはできます。
生の花では一週間後というわけにはいきませんよね。
またサプライズで宅配などで届けた場合、在宅の確認ができないですよね。
そんな場合でもプリザードフラワーなら、後日再配達にされてても花の状態に損失はないので安心です。

またもらった側も、お花に水をあげる手間などもないため、ずっと大事にしてもらえます。
触っても柔らかい状態ですし、保存状態がよければ10年近く持つともいわれていますので当日会えないかも?と思った場合は、プリザードフラワーなら安心です。

今では種類やアレンジメントもかなり種類も増え、価格の幅も広がっています。
数年前までは、高価なもので結婚式のブーケなどが多く使用されていましたが、ここ数年で一般的に広まるようになり、需要もとても多くなりました。
記念になる花がいつまでも楽しめるのは、女性としてうれしいものですね。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 母の日っていつ? All Rights Reserved.